教師紹介

千葉 美南海   Minami Chiba          主任教師/プロ養成

 東京都出身
14歳の時に単身渡仏。パリへ留学し酒井逹男氏に師事。本場ヨーロッパの地でバレエを習得。
帰国後、オーディションを経てABS(オーストリアバレエスクール)へ入学。優秀な才能が認められ、学校長より奨学金が授与される。ABSでは古典バレエはもちろんのこと、JAZZ,コンテンポラリー,HipHopなど様々なジャンルの舞踊スタイルを学び、身に付ける。
バレエ解剖学,バレエ教育学,栄養学などの座学も幅広く学ぶ。また、ABSの母体であるABC-TOKYOバレエ団の研修生としても研鑽を積む。
2013年ABC-TOKYOバレエ団の正規団員として入団。
その後、古典作品のみならず「神の道化」「メサイア」「京の雨傘」「鶴の恩返し」などといったABC-TOKYOオリジナルの創作作品にも出演し活躍する。
2013年にパリオペラ座バレエ団が来日した際に上演した「天井桟敷の人々」では出演オーディションに合格し特別出演。
2014年ABCのオーストラリアツアーに参加。その際に上演した「ヨセフとマリア」では大天使「ガブリエル」役に抜擢され好評を博す。
その後も同バレエ団のメインロールを数多くを務める。
2015年みなとシティバレエ団附属三田バレエスクール主任講師に就任。
プロ養成クラス,エレメンタリー2・3クラスを指導。キャラクターダンスやバレエ学も教えている。優しくも適切な指導に定評があり後進の指導にも力を注いでいる。
2018年6月ABC-TOKYO新作「レ・ミゼラブル」よりファンティーヌ役で上演
2019年4月みなとシティバレエ団入団
岸村光煕振付けの「シンデレラ」では、メインのシンデレラ・仙女役を踊りベトナムツアーでは
総動員数およそ1万5000人に届けた。
レパートリーには「ドンキホーテ」キトリ・メルセデス、「白鳥の湖」黒鳥、「ライモンダ」ライモンダ、「ジゼル」ミルタ…他にも数多くのレパートリーを持つ。

一原 紗羅   Sara Ichihara          専任教師/西町インターナショナルスクール支部 教師

北海道出身。ちだとしこバレエスタジオにてバレエを始める。第12回北海道バレエコンクールジュニアBの部 入賞3位。2014年全日本バレエコンクール セミファイナリスト。2015年 全国合同バレエの夕べ 北海道支部「Jewelry symphony」に出演。第14回北海道バレエコンクール 創作部門 Bグループ 優秀賞。2017年 ロシア国立ノボシビルスク・バレエ学校に留学。同年 NBAジュニアバレエコンクール札幌 1位。2017年 NBA全国バレエコンクール ファイナリスト。2018年 ABC-TOKYOバレエ団に入団。「メサイア」「雪女」「ヨセフとマリア」「レ・ミゼラブル」等に出演。
2018年 みなとシティバレエ団附属三田バレエスクール講師に就任。プレベビー、ベビー、プレエレメンタリー、エレメンタリー1クラスを指導。2018年 ABC-TOKYO沖縄ツアーでの「メサイア」ではエヴァ役で上演。2018年11月「ジゼル」ではぺザント、ドゥウィリー役で上演。
2019年4月みなとシティバレエ団入団

寺戸 麻子   Asako Terado          常任教師/プロ養成

4歳よりバレエを始める。
幼少期、小池恵子、西山裕子に師事。
2000年より金田和洋、こうの恭子氏に師事。
2001年 まちだ全国舞踊コンクール第7位他、数々のコンクールで入選
2001年、2003年 日露文化公演に出演
2006年 カンヌ・ロゼラハイタワーへ短期バレエ留学
2008年 昭和音楽大学短期大学部バレエコースに入学。
卒業公演では、ベン・ヒューズに指導をうけ、バランシン作品のセレナーデでソリストを踊る。
2009年 YAGP NYファイナル
アンサンブル部門第1位(日本予選第3位)
2010年 ABC-Tokyoバレエ団入団。
2年後、アプレンティスに昇格。
またディレクターのアシスタントとして作品制作にも携わる。
2014年 オーディションを経てDance Company Nectに所属。
コンテンポラリーダンスの世界観に惹かれ、東京都美術館ZEN展にてパフォーマンス部門優秀賞を受賞。
2015年 身体の向上のため、BESJマットピラティスの資格を取得。
2016年 ダンサー向けのDancers Movement Programピラティスを取得。
2014年〜2018年 ダンスユニットであるSecret gardenのメンバーとして、現役ダンサーとしても活動中。
2012年からABC附属バレエ学校Flora Ballet、他バレエスタジオにて幼児から大学生まで幅広く、基礎に忠実に、次世代のダンサーへの指導も積極的な育成に力を入れている。
2019年4月みなとシティバレエ団入団

大関 菜々子    Nanako Ozeki          常任教師


福島県出身
9歳からバレエを始める。
2015年 フジバレエ2015 「ピーターパン」に出演
2017年 オーストリアバレエスクールに入学
同年 8月 ABC-TOKYOバレエ団に入団
「雪女」「ヨセフとマリア」 「メサイア」「レ・ミゼラブル」等に出演
2018年 ABC-TOKYO 沖縄ツアーに参加
2019年 みなとシティバレエ団付属三田バレエスクールの講師に就任
同年 4月 みなとシティバレエ団に入団
ベトナムツアーに参加 「シンデレラ」では意地悪姉の役で大好評を博す。
高い演技力に定評があり、指導もキメ細かく子どもの育成にも力を注いでいる。

上田 舞香   Maika Ueda          コンテンポラリーダンス教師

横浜バレエ団設立プロジェクト「ZOU-NO-HANA Ballet Project」ダンサー
洗足学園音楽大学講師。
4歳からモダンダンス、6歳からバレエを始める。織田千里に師事。
11歳からInternational Dance Schoolで本格的にワガノワメソッドのバレエを学び始める。
イリーナ・シートニコワ、イーゴリ・ホフロフなどワガノワバレエアカデミー講師に師事。
提携するTokyo International Ballet Company の公演に毎年出演。『白鳥の湖』小さな白鳥、『海賊』メドーラなど踊る。
2010年、16歳から2年間ドイツ国立マンハイム音楽身体芸術大学、ダンスコースに留学。在学中に制作した処女作、『Sand』評価され学校公演ツアーで披露。
2012年にBachelor degree取得し、卒業。
帰国後、コンテンポラリーダンスを二見一幸に師事。アレッシオ・シルヴェストリン、二見一幸、柳本雅寛、青木尚哉、鈴木竜など国内外で活躍するダンサー・振付家の作品に多く出演する。

国際高等バレエ学校、有明ニューシティーバレエスタジオ、などでコンテンポラリーダンス、バレエの講師を務める。
2017年~18年 イタリアのフィレンツェにある、コンテンポラリーダンスカンパニー、Opus Ballet Companyにて研修。
2018年~19年 鈴木竜が主催するダンスカンパニーeltaninに所属。
2018年~ 安藤洋子の下で踊り始める。安藤が主導する、横浜バレエ団設立プロジェクト
「ZOU-NO-HANA Ballet Project」に参加。
2019年度~ 洗足学園音楽大学、ダンスコース講師。
2014年~ 国内外40のプロジェクトに参加、14名の振付家とともに作品をつくる。
2011年~ 14の作品を制作する。
代表作に、チェコのダンスフェスティバル「SPACES」で上演されたデュオ『movement 1』などがある。

瓜生 遥花   Haruka Uriu          教師

2012年 ロシア国立ノヴォシビルスクバレエ学校 留学
2014年 第12回北海道バレエコンクール ジュニアB部門金賞
2015年 第36回全道バレエフェスティバルインサッポロ「ライモンダ」3幕ソリスト
キミホハルバート振付け 「白雪姫」出演
天満天神バレエ&ダンスフェスティバル 篠原聖一・下村由理恵振付け 「今宵はガーシュイン」出演
第13回北海道バレエコンクール ジュニアA部門金賞、創作部門 優秀賞 札幌市長賞
2016年 第8回ザ・バレコン札幌 JA部門1位、札幌市長賞
第14回北海道バレエコンクールジュニアA部門 銀賞、創作部門 最優秀賞 北海道教育委員会教育長賞
第37回全道バレエフェスティバルインサッポロ 「ドンキホーテ」3幕ソリスト
平成28年度 全日本バレエコンクールジュニアA女性の部 第3位
2017年 チャイコフスキー東京記念バレエ団に準団員として入団
「ラ・バヤデール」にて初舞台
2018年 アーティスト昇格
「白鳥の湖」「ドンキホーテ」「アルルの女」「真夏の夜の夢」「春の祭典」「パキータ」など多数作品に出演・活躍中

廣川 さつき Satsuki Hirokawa   アシスタント


東京都出身。世良バレエ教室にてバレエを始める。2009年バルト三国エストニアにてダンスフェスティバルインマルヤマーに日本人ダンサーとして参加。
2014年ラフォーレ・オ・ジュネ2015でオペラアイーダのダンサーとして出演。
2015年AAB(American Academy of ballet)へ留学。
高校卒業後、田丸美佳女史(RAD登録教師資格取得プログラムCBTSのモジュールチューター、メンターを経て、RAD本部よりCPDチューターとして任命され、教師コースの指導にあたる)に3年間師事。
その後、世良バレエスクール アシスタント教師就任。
2019年5月より みなとシティバレエ団附属三田バレエスクールにてアシスタント教員として参加。

岸村 光煕   Kouki Kishimura          非常勤講師
9歳よりバレエを始める。
2013年6月米ジョフリーバレエアカデミー,アメリカンバレエシアターJKOスクールの短期プログラムにスカラシップで参加。
Gillian Murphy, Ethan Stiefel, Misty Coperand, Brian Mcsween, Africa Guzmanなど著名なダンサー、指導者らに師事。
同年9月より、東京・オーストリアバレエスクールに全額奨学金生として入学。
Christian Martinu, 三谷梨央, Michael Shannon, Evelyn Teri, Harald Uwe Kernに師事。
2015年4月、ABC-TOKYOバレエ団にソリストとして入団。くるみ割り人形、眠れる森の美女などで主役を演じる。
2015年11月、ユースアメリカグランプリ日本予選にて、米・Ballet West芸術監督、Adam Skluteよりスカウトを受け、入団。以後、ダンサーとしてだけでなく
ABC-TOKYOバレエ団改訂版”くるみ割り人形”、”Rhapsody in blue”、改訂版”シンデレラ”の振付など、振付家としても活躍の場を広げている。
現在はドイツ キール州立バレエ団にて活躍中

島岡 優里  Yuri Shimaoka          非常勤コンテンポラリー教師

故郷・長野県のセガワバレエアカデミーにてバレエ・ジャズダンスを学ぶ。
Austrian Ballet School Tokyo(ABS)を経て、安藤洋子(ザ・フォーサイスカンパニー)のアシスタントを勤める(DividualPlays/ RAM, YCAM InterLab など)。
獨協大学ドイツ語学科卒業。 2015年よりベルリンを拠点にフリーランスのダンサー,パフォーマー,プロダクションアシスタントとして活動。
ベルリン国立歌劇場、各国ダンスフェスティバル、美術展、ギャラリー、クラブなど、劇場からスクリーン、路上など様々な場所で、振付家、映像作家、作曲家、実験音楽家、クリエイティブコーダーなどと製作を続けている。

津山 舞花  Maika Tsuyama          AIスクール教師

 

北海道出身。オーディションを経て2010年AIS BALLET JAPAN 専科コースへ入学。
Sherilyn Kennedy(元英国バーミンガムロイヤルバレエ団プリンシパルダンサー)Alen Bottaini氏(元バイエルン州立オペラ座バレエ団プリンシパルダンサー,バルナ国際コンクール ゴールドメダリスト)に師事 。在学中にAIS芦屋ユースバレエ団に参加。
Ashiya International Society主催のワークショップでは、ジュリー・ケント女史(ABTプリンシパルダンサー)メーリス・パクリー氏(英国ロイヤルバレエスクール現役教師)ビクトル・カバニャエフ氏ら多数に師事。AIS専科生徒時代から定期公演に出演する傍ら、年間通じて関西を中心に高齢者福祉施設、病院等のAIS教育福祉活動(OUT-REACH公演)に参加。
文化庁主催国民文化祭・京都2011出演
2011年AIS BALLET JAPANドイツ公演『RISING UP』(キビリエ劇場 ミュンヘン ドイツ)に出演。
Alen Bottainiら世界のプリンシパルダンサーらと共演。
2012年YAGPニューヨークシティファイナルアンサンブル部門シルバーメダリスト 見事世界第二位に輝く。
また、クラッシックバレエのみならずAshiya International Society 主催 芦屋ダンス&ジャズフォーラムに参加するなど、ジャズダンス,コンテンポラリーダンスなどダンスのジャンルを問わず幅広く活躍する。
2013年よりABC-TOKYOバレエ団へ入団。
ワガノワメソッドのみならず、RAD,チェケッティ,ブルノンヴィルなど幅広いメソッドに深い理解がある。その幅広い知識からなされる丁寧な指導に定評があり。
ゲストティーチャーとして地方スクールからも引く手数多。

2016-09-10-6


 無料体験レッスンのお申し込みはこちらから