教師紹介

千葉美南海     Minami Chiba     主任教師 

 東京都出身。田村征子バレエスタジオにてバレエを始める。多摩市バレエ連盟主催「くるみ割り人形」などに出演。2006年パリへ留学し本場ヨーロッパの地でバレエを習得。帰国後、オーディションを経てABS(オーストリア・バレエ・スクール)へ入学。優秀な才能が認められ、学校長より奨学金が授与される。ABSでは古典バレエはもちろんのこと、JAZZ、コンテンポラリー、HipHopなど様々なジャンルの舞踊スタイルを学び、身に付ける。バレエ解剖学、バレエ教育学、栄養学などの座学も幅広く学ぶ。また、ABSの母体であるABC-Tokyoバレエ団の研修生としても研鑽を積み、「浦島太郎」、「レ・シルフィード」「雪女」等に出演。2013年ABC-TOKYOバレエ団の正規団員として入団。その後、古典作品のみならず「神の道化」「メサイア」「京の雨傘」「鶴の恩返し」などといったABC-Tokyoオリジナルの創作作品にも出演し活躍する。2013年にパリオペラ座バレエ団が来日した際に上演した「天井桟敷の人々」では出演オーディションに合格し特別出演。2014年ABCのオーストラリアツアーに参加。その際に上演した「ヨセフとマリア」では大天使「ガブリエル」役に抜擢され好評を博す。現在は同バレエ団の主役を務める。2015年ABC-TOKYO附属三田バレエスクール主任講師に就任。優しくも適切な指導に定評があり後進の指導にも力を注いでいる。

2016-09-10-22016-09-10-3

山本 真実     Mami Yamamoto      教師

5歳より南条幸子バレエ研究所にてバレエを始める
オーディションを経て、2014年オーストリアバレエスクール(ABS)入学 三谷梨央、クリスティアンマルティーヌに師事。バレエを軸にキャラクターダンス、コンテンポラリーダンス、ジャズダンスなど様々な分野の舞踊を習得。
在学中の主なレパートリーはライモンダ、シンデレラ「シスターズ」、眠れる森の美女「カナリアの精」「優しさの精」「カラボス」など幅広いレパートリーを持つ。
またABSにて研鑽を積む傍ら、ABC-TOKYOバレエ団の研修生として様々な公演に出演する。
2015年3万人の動員を記録したマレーシア、シンガポールツアー参加、翌年のオーストラリアツアーにも参加し、上演演目の一つでABC-TOKYOの代表作品「メサイア」にてパリサイ人役として出演、好評を博す。紫竹康太 振付け「ゴスペルバレエ」では研修生でありながら、メインダンサーとして抜擢され主要パートを担う。2016年11月岸村光熙 によって振り付けられたABC-TOKYO版「シンデレラ」では夏の精役に抜擢される。
2017年1月よりABC-TOKYO附属三田バレエスクール 講師として就任。PreBabyクラスからPreElementaryクラスを受け持つ。

 

クリスティアン・マルティーヌ    非常勤講師  芸術アドバイザー

 image_001

ウィーンに生まれ育つ。バレエの教育を受ける傍ら、格闘技やジャズダンスに励む。フォルクス・オーパーバレエ団の団員を経てリオ・ デ・ジャネイロに渡り、タティアナ・レスコヴァに師事、バレエ・ダンサーとしての磨きをかける。2年間の修行を終え1980年 にオーストリアに帰国、ウィーン国立歌劇場バレエ団に入団。数多くの公演に出演する傍ら、日々のトレーニングでウラジミール・ツカノフとビルジニア・ツカ ノワ両氏から薫陶をうけ、その方法論が後日、次世代のダンサーを指導するためのベースを成すこととなる。
まもなく振付家としての活動を開始、ウィーン・キュンストラーハウスにおける創作バレエ「ファウストの業 罰」で注目を集める。その後ウィーン・室内オペラで「ホフマンの物語」、リューベックで「メリー・ウィドー」、「ジプシー男爵」、「カルメン」などのバレ エを次々と振付け。ダンサーとしても、自らが設立したバレエ団「オーストリア・バレエ・シアター」の「ジゼル」「眠れる森の美女」「白鳥の湖」「ドン・キ ホーテ」などのバレエでプリンシパルとして活躍。
1999年、アラスカ州都ジュノーのバレエスクール「ジュノー・ダ ンス・アンリミティッド」からの要請で芸術監督に就任。その後、シアトルの「フュージョン・ダンス・カンパニー」でダンサーならびに振付家として、また 「アトランティック・現代バレエ・シアター」の数多くの公演に出演。
2003年に妻の三谷梨央と共に日本に移り、意欲に燃えた実力のあ るダンサーたちを集めてABC-Tokyoを東京に設立。「くるみ割り人形」「モーセ」「ヨセフとマ リア」「千羽鶴」「コッペリア」「白鳥の湖」など、クラシックならびに創作バレエのプリンシパル・パートを演じる。 自分たちのバレエ団の公演と振り付けに追われる傍ら、日本の数々のバレエ団から客演ソリストとしての依頼に応じるという、精力的な日々を送っている。 また定期的に、ニューヨーク・ジョフリー・バレエ、サマー・プログラムの選考委員に選ばれ、審査員としても活躍している。 2012年1月、第15回 NBA全国バレエコンクールにて指導者特別賞を受賞。ABC-Tokyo附属三田バレエスクールでは定期的に特別クラスを担当し、後進の指導に当たる。

2016-09-10-42016-09-10-5

太田 有紀     Yuki Ota 教師

兵庫県出身。7歳よりリトルマーメイドバレエ教室にてバレエを始める傍ら、9歳より北口佳代子バレエ教室にてRADメソッドを学ぶ。Royal Academy of Dance Grade,Intermediate取得。
リトルマーメイドバレエにて高齢者福祉施設慰問公演を重ねる。主な作品:不思議の国のアリス(トランプの女王)くるみ割り人形(金平糖)白鳥の湖(オディール)
2013年よりリトルマーメイドにて講師を務める。
2016年ABC-TOKYOバレエ団入団。

津山舞花     Maika Tsuyama     Aiバレエスクール講師

 

北海道出身。オーディションを経て2010年AIS BALLET JAPAN 専科コースへ入学。Sherilyn Kennedy(元英国バーミンガムロイヤルバレエ団プリンシパルダンサー)、Alen Bottaini氏(元バイエルン州立オペラ座バレエ団プリンシパルダンサー、バルナ国際コンクール ゴールドメダリスト)に師事 。在学中にAIS芦屋ユースバレエ団に参加
Ashiya International Society主催のワークショップでは、ジュリー・ケント女史(ABTプリンシパルダンサー)、メーリス・パクリー氏(英国ロイヤルバレエスクール現役教師)、ビクトル・カバニャエフ氏ら多数に師事。AIS専科生徒時代から、定期公演に出演する傍ら、年間通じて関西を中心に高齢者福祉施設、病院等のAIS教育福祉活動(OUT-REACH公演)に参加。
文化庁主催国民文化祭●京都2011出演
2011年AIS BALLET JAPANドイツ公演、『RISING UP』(キビリエ劇場 ミュンヘン ドイツ)に出演。Alen Bottainiら世界のプリンシパルダンサーらと共演。
2012年YAGPニューヨークシティファイナル アンサンブル部門シルバーメダリスト  見事世界第二位に輝く。
また、クラッシックバレエのみならず、Ashiya International Society 主催 芦屋ダンス&ジャズフォーラムに参加するなど、ジャズダンス、コンテンポラリーダンスなどダンスのジャンルを問わず幅広く活躍する。
2013年より、ABC-Tokyoへ入団。
ワガノワメソッドのみならず、RAD、チィケッティ、ブルノンビル、など幅広いメソッドに深い理解があり。その幅広い知識からなされる丁寧な指導に定評があり。ゲストティーチャーとして地方スクールからも引く手数多。

2016-09-10-6


 無料体験レッスンのお申し込みはこちらから